実際に株券を売却

かんたん株式投資

新着投資ネタ

管理者から

実際に株券を売却

株券の購入すれば、売り方もわかっていなければまずいですよね。

購入した株券を一気に売ることもできますし、何株かに分けて売ることも可能。
これは状況次第であなたの手腕にかかっているわけです。

購入をすれば売却もあるわけですが、どのタイミングで売却するのかをここで説明しておきますね。
まず売却をする状況は2通りあります。

1つは、株価が上がったので、利益分を現金に換えたいとき。
もう1つは逆で、損失が出てしまったのでこれ以上損失が膨らまないために売却をする。
ちなみにこの損失が膨らまないための売却を専門用語で「損切り」って言います。

実は重要なのはこの損切りだったりしますよ。
利益が出ている時は、あとどれぐらい利益を伸ばせるかとワクワクしていますが、損失を増やさないのはドキドキしますね、、、

投資で重要なのは、利益を出すかではなく、損失を抑えるか、です。
言ってしまえば、損失を抑えることができれば自ずと利益が出ると思ってもらって構いません。

初心者は特にですが、損失が出ていても売却する人が少ないです。
それは、まだ損失分を取り戻せると予測しているから、、、これ危ないですよ。
いくら少額の損失でも、大きな損失への第一歩と思ってください。
いくら応援していた企業とはいえ、執着するのはほどほどに、、、

損失が出た際の売却をする金額を予め決めておくのが上手な資産運用の1つだと思います。